1. TOP
  2. 婚活
  3. 国際結婚

国際結婚

「国際結婚」、確かに近年、日本人以外の相手と結婚する国際結婚は増加傾向にありますが、実際は意外に少ないようです。

100組のカップル中、日本人同士は全体の94.2%、夫が日本人で妻が外国人のパターンは4.5%、妻が日本人で夫が外国人のパターンは1.2%ということで、男が国際結婚するほうが4倍も多くなります。

1975年では両者ともに3000組程度で全体の0.3%だったので、多くなりつつあるということではありますが、現在、妻が日本人で夫が外国人のパターンはたったの1組なのです。

国別では、男の場合は、中国人との結婚がもっとも多く全体の35.2%、次にフィリピン人、第3位は韓国・朝鮮人の18.3%となっています。他方、女性の場合は、国籍が多様化していて、もっとも多いのが韓国・朝鮮人の24.9%、続いて米国人の18.5%、中国人の12.1%となっています。

国際結婚のもっとも難しいのは言語の壁があることで、男女ともに、大多数がすでに日本に滞在している外国人との結婚です。コミュニケーションがとれないと恋愛もできないので。

なお、日本に住んでいる外国人数は、だいたい200万人、日本の人口での割合は1.6%程度なので、国際結婚の合計が5.7%である点と考え合わせると、外国人のかなりの人たちが日本人と結婚していることになります。

残念ながら、外国人との離婚率は、日本人同士の離婚率に比べて高いという現実もあります。

コミュニケーションがとれないのみならず、生活様式も異なるので、相互に理解して結婚生活を営むには困難があるようです。

データから見る限り、「国際結婚は慎重に」となります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

婚活がうまくいかなくて悩んでいる時に見てよ!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活がうまくいかなくて悩んでいる時に見てよ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 婚活パーティーを利用する

  • 3つの「感」から、勘が生まれる

  • 結婚への出発点は「1人である」「寂しい」から

  • 結婚するには「効率的な恋愛」が必要

  • 結婚するために「非効率的恋愛」をやめよう

  • 男女が出会う「場所」